RSS | ATOM | SEARCH
YAMAHA A-2000 プリメインアンプ修理

 

 

YAMAHA A-2000 A/B級プリメインアンプ修理

故障状態:時々PHONO/MM、MC使用時片側音出ず。

 

故障原因を調べますとPHONOイコライザーセレクタースイッチ

接点不具合スイッチ動作はスライドタイプよく有る接点摩耗不良です。

 

アンプ本体右側シールドされている基盤イコライザー、他の一部回路

サービス性は良く交換部品は有りませんがスイッチ自体の接点清掃の

取外し分解して状態確認です。

 

 

 

スイッチはノイズロスが少なくなる為入力端子最短に取り付けて有ります。

 

スイッチを分解しますと接点部分が変色劣化してます、

スイッチ両端部分が密封されているとこの原因にはならない。

 

スイッチ接点部分を清掃しますと綺麗に成ります。

 

接点両面共摩耗も少なく回復します。

 

スライド接点面も顕微鏡確認しますとやはり少し

摩耗この部分は清掃修正で良く成ります。

 

接点面の清掃工程で少し変形しますこの場合この変形は

確実に修正しませんと全くの修理の意味が有りません。

この部分の修正が一番の難点です顕微鏡確認が必要です。

確認後元のスライドケースに戻しカシメロック。

 

イコライザー基盤に実装後動作TEST改善してます、

しばらくはMM/MC切替しエージングTESTです。

 

 

 

 

 

 

 弊社の技術担当スタッフ紹介 

 
弊社の作業はサービスマン、技術スタッフが作業しています。

 お客様の納得して頂ける回復改善修理を目指しています。


 一般電機系、音響、ステレオ、家電機器系、無線電話通信系
 FA機械制御系は長く経験を積んだ各メーカーの修理技術出身
 サービスマンスタッフです。

 

   半田、鉛フリー系、ハンダ付け、基盤改善修理も多種類基盤、

   経験を積んだ電子基盤製造メーカーの技術出身、 国内大手電機

   メーカー各社の半田技能1級資格認定スタッフです。

 

 半田付け電気機器は各社電機、機器製造メーカーが
      独自の半田技能1級資格認定で運用
しています。  
   

    年数が経った製品交換部品が入荷しない場合当社で安全性、法的を
  考え可能な限りレトロフィットで改善を行いたいと考えております。

 お客様と製品に一番良い方法を考えご提案して
 進めたいと思って降ります。 

           
 
 その他電機製品電子回復改善修理をして降ります
 小さな事でも何なりとお問い合わ下さい。


  製品.故障によって弊社で修理依頼をお断りする製品も御座います。
 新しい製品は単体部品対応が出来ない為依頼をお断りして降ります。
  カーオーディオ、カーナビ系は修理して降りません。

   (投稿ブログオデッセイナビモニター一機種純正のみ対応)

 




 

             最終修理のファイナルテクニカル

          滋賀オーディオサービス  
      
         サービス総合技術 担当 久田  

  お問い合わせは 滋賀オーディオサービス

  ホームページ メールフォーム からお願いします。


      http://shiga-audio.com 

 

 

 

 

author:滋賀オーディオサービス, category:音響一般電気、電子系修理, 10:12
-, -